‘オーディオブック(朗読CD)’ カテゴリーのアーカイブ

オーディオブックの代わりにイングリッシュアドベンチャー

2010年6月11日 金曜日

イングリッシュ・アドベンチャーと言う教材をご存知でしょうか?
シドニー・シェルダンによる書き下ろし作品の聞き取りを中心に学習する教材です。

(さらに…)

リスニング練習にオーディオブックを使おう

2010年6月11日 金曜日

オーディオブックと言う商品をご存知でしょうか?

小説やビジネス書などを朗読し、CDやカセットテープとして販売している商品です。

要するに、朗読CDですね。

比較的安い価格で購入できる商品ですから、聞き取りのトレーニングにも活かしたいものです。

(さらに…)

オーディオブック(朗読CD)の使い方

2010年6月10日 木曜日

オーディオブックはただの素材なので、英語学習にどう活かすかは人それぞれだと思います。

例えば、シャドーイング用の素材として使うこともできるでしょう。

ただ朗読CDという性格を考えれば、聞いて楽しむと言うのが最も一般的な使い方なのでしょうね。

今回は、オーディオブックを聞いて楽しむためのコツのようなものについて考えてみたいと思います。

(さらに…)

無料でオーディオブックを聞けるサイトもあるが

2010年6月10日 木曜日

青空文庫と言うサイトをご存知でしょうか?

著作権の切れた古い小説などを無料で読めるようにしているサイトです。

実はこれと同じようなものが、英語でいくつかあります。

有名なのはLibriVox というサイトでしょう。

http://www.archive.org/details/librivoxaudio

これらのサイトのすごいところは、小説を朗読した音声も無料で提供されていると言う点です。

ただ、学習に利用しやすいかと言うと、多少問題もあるように思います。

(さらに…)

Abridged とUnabridged

2010年6月10日 木曜日

オーディオブック(朗読CD)を探していると、Abridged あるいはUnabridged という表記を目にすることがあると思います。

これは何かと言うと、要約版か完全版かの違いです。

例えば、ダ・ヴィンチ・コードだとこんな感じです。

ダ・ヴィンチ・コードのUnabridged 版(完全版)
ダ・ヴィンチ・コードのAbridged 版(要約版)

値段が安いから注文してみたら、要約版だったなんてこともあると思うので十分注意しましょう。

(さらに…)

オーディオブック(朗読CD)の探し方

2010年6月10日 木曜日

オーディオブック(英語の朗読CD)がリスニングのトレーニングに役に立つのはわかりました。

しかし、普通の書店などでは洋書を探すのすら難しいのが現実です。

私達は一体どうやって探せば良いのでしょうか?

洋書売り場がある日本の書店に行っても、オーディオブックはほとんど置いてありません。

選択肢が少な過ぎるとしたら、利用価値もなくなってしまいますね。

(さらに…)

オーディオブック(朗読CD)を利用しよう

2010年6月10日 木曜日

オーディオブックと言う商品をご存知でしょうか?
小説や実用書などをプロが朗読し、それをCDやカセットテープとして販売する商品です。

(さらに…)