スポンサードリンク

シャドーイングでリスニングのトレーニング

シャドーイングとは

英語のリスニングトレーニングの中で知名度の高いトレーニング方法の一つにシャドーイングがあります。
通訳の基礎トレーニングにも採用されている、評価の高い方法です。

簡単に言うと、シャドーイングとは聞こえてくる英語を真似するという勉強法です。
聞こえた英語に少し遅れて自分が発音する感じです。

シャドーイングの目的

最近は色々な目的でシャドーイングが使われることがあるようです。
しかし本来の目的は、英語の音やリズムを身につけるためのトレーニングと考えるといいでしょう。
聞こえてくる英語を真似することで、英語独特の発音や、音の強弱に慣れていくのです。

もっとも、最近は違う目的でシャドーイングが行われることが多いようです。
例えば、音読の変わりにシャドーイングを使う事をすすめている人などがいるようです。

そういう学習法が悪いとは言いません。
ただ、本来の学習法とは違うということです。

シャドーイングに必要なもの

シャドーイングを行うために必要なものは3つだけです。

一つはCDなどの英語の音声です。
これは同然ですね。

もう一つは、音声を書き起こした英文です。
聞き取れない部分をチェックするために、必要です。

最後にヘッドホンが必要です。
シャドーイングは自分の声を発するトレーニングですので、ヘッドホンが無いと英語の音声が聞こえなくなります。


さて、実際にどのようにシャドーイングを行えばいいのでしょう?
実際に英語のシャドーイングをやってみよう」に続きます。


スポンサードリンク