スーパーエルマーはTOEIC でいうとPART 3, PART 4 が苦手な人向けの英語教材│ 会話やナレーションの聞き取りが出来るようになろう

会話やナレーションが聞き取れるようになるには、英語を聞いた順に理解していく必要があります。
これは、前のページで説明したとおりです。

これが出来るようになれば、TOEIC のリスニングセクションはそれ程難しくないはずです。
英検も同様ですね。

さらには、ニュースの英語なども聞き取れるようになるでしょう。

ただ、「英語を聞いた順に理解する」のは言葉に書くほど簡単ではありません。
高いレベル出来るようになるまでには、かなりの時間をかけてトレーニングを行う必要があります。

例えばこんなトレーニングが考えられる

具体的なトレーニングとしては、例えば、英語の小説や新聞記事を大量に読むのがいいでしょう。
小説だったら、少なくとも数冊単位で読みましょう。

この時、ただ普通に読んでも効率が悪いです。
英語の語順のまま理解できるような制限をつけて読んでください。

具体的にどうするかというと、「英語は左から右に読む」「ある程度はやいペースで読む」などの制限をつけて読むのです。
そうすれば、英語の語順のまま理解するトレーニングになります。

ちなみに、「英語は左から右に読む」というのは、一文を読んでいる途中で少し前に戻って読み直す事をしないという意味です。
学校の英文解釈の授業のように、日本語訳を組み立てていくような事をしないで、書かれた順番に理解していきます。

これは、ある程度のレベルの人には効果がある方法だと思います。
とは言え、万人にすすめられる方法でないのは明らかです。

英語の小説や新聞などの場合、語彙の水準が高すぎるのです。
結局、語彙がわからなくて読めない状態になってしまうでしょう。

そうなると、英語の語順で理解するトレーニングにはなりません。

英文のレベルを落として易しいものを読むことも可能かもしれません。
しかし、その場合は、読むべき英文を見つけてくるのに苦労します。

なかなか悩ましい問題です。

専門の教材を利用しよう

そこでおすすめなのが、専門の教材です。
実は、英語を聞いたまま理解する事に特化した商品があるのです。

スーパーエルマーという商品なのですが、段階的に聞いた順に理解できるように工夫されています。
自然に反復練習できるようになっている点も、すばらしいと思います。

ウェブサイトを見ていただくとわかると思うように、ちゃんと効果がでている人はいるようです。

語学教材には相性がありますし、本人の努力もあるでしょう。
それでも、実際にうまく行った例があるのは心強いですね。

ちなみに、10日間の試聴が可能です。
教材を買ってみたら、思っていたのとぜんぜん違ったと言うような心配がないのも安心です。


スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。