洋楽の聞き取りは難しいと改めて思った│ 日本語だって難しい事が多いんだからね

英語を勉強する方の中には、最終的に洋楽を聞き取れるようになりたいと考える方もいるようです。

語学を学ぶのに、何かの目標を持つのは良いことです。
しかし、洋楽の聞き取りをゴールのは、やめておいた方がいいかもしれません。

なぜかと言うと、歌詞を聞き取るのは、びっくりするくらい難しいのです。
その証拠に、日本人が日本語の歌を聴いても、正確に聞き取れないことが多いです。

母国語でない英語の歌を聞き取るなんて、至難の業だと言えるでしょう。

日本人が日本語の歌を聞き取れない例

日本人が日本語の歌を聞き取れない例は、Youtube の中で見つけることが出来ます。

最近は、CD発売に先行して、ライブなどで新曲を公開することがあるようです。
そして、そのライブの模様がYoutube にあげられる事もあるようです。

これらの動画の中では、歌詞の書き起こしをしているものもあります。
ただ、それらの書き起こしは、実際の歌詞とはかなり異なっているのです。

つまり、日本人が日本語の曲を聞き取れていないということです。

スタジオ録音したものでも難しい

ライブ音源で歌詞を聞き取るのが難しいのは分かりました。
それでは、スタジオで録音されたものはどうでしょうか?

CDなどの音源を使っての聞き取りですね。

これに関しても、かなり難しいと思って良さそうです。
ライブの音源で聞き取る事に比べれば、かなりやりやすいとは思いますけどね。

どのくらい難しいかは、自分が知らない日本語の曲で試してみてください。
聞き取りにくい箇所があることが、実感できると思います。

それ以外にも理由はあります

歌詞の聞き取りが難しい理由は、これ以外にももちろんあります。
ここでは詳しくは触れませんけど。

このようなことを総合的に考えると、英語の曲を完璧に聞き取ろうなんて、そもそも無謀な挑戦に近いのかもしれません。
これは、把握しておいた方が良い事実でしょう。

ただ、洋楽の聞き取りは、やってみると意外と思い白いのも事実です。
無理は承知で、試しにやってみる位なら、良いかもしれませんけどね。


タグ: , ,

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。