英語のリスニング教材

英語のリスニング教材は、一つ一つ目的が異なります

例えば、発音や音の崩れに特化した教材もあれば、ニュース英語の聞き取りに重点を置いたもののあります。

どれを使ってもそれなりに効果は期待できるでしょう。

しかし、現在のレベルや苦手な分野によって、使用する教材を選べば、学習の効果がアップすることが期待できます

ここでは、それぞれの教材がどんな特徴を持つのか整理してご紹介します。

アルク ヒアリング力完成 発音トレーニング

アルク ヒアリング力完成 発音トレーニング

リスニングのトレーニングの第一歩は、正しい発音を知ることからはじめるべきでしょう。

正しい発音の理解無しに、聞き取り能力を上げることはできません。

ここで紹介したアルクの発音トレーニング教材も、リスニングにも力を入れています。

教材の紹介ページが充実しているので、教材の詳細はサイトをチェックしてください。

イングリッシュアドベンチャー

イングリッシュアドベンチャー

イングリッシュアドベンチャーは、長い時間英語を聞くというトレーニングを目的にした教材です。

長時間のリスニングに耐えられるように、ストーリはシドニー・シェルダンの書下ろしという本格派です。

長時間のリスニングで、耳を鳴らしたいという方に向いていると言えるでしょう。

ちなみに、この教材はお試し期間があるので、気軽に試せるでしょう。

オーディオブック

オーディオブック

オーディオブックと言うのは、小説や実用書を、そのまま音声で収録したものです。

朗読CDだと考えると分かりやすいでしょう。

録音は、プロの役者が行うことが多いようです。

通常はCDで販売されていますが、録音テープを使ったものや、サイトからダウンロードできるものもあります。

基本的には、沢山聞きたい人向けの教材です。


タグ: , , ,

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。