オーディオブックの代わりにイングリッシュアドベンチャー

イングリッシュ・アドベンチャーと言う教材をご存知でしょうか?
シドニー・シェルダンによる書き下ろし作品の聞き取りを中心に学習する教材です。

新聞広告などを積極的に出している教材なので、どこかで見かけた事がある人が多いと思います。
イングリッシュ・アドベンチャーと言う名前は知らなくても、「家出のドリッピー」なら知っていると言う人もいるかもしれません。

一流の作家による書き下ろし

イングリッシュ・アドベンチャーの原文は、シドニー・シェルダンによるものです。

シェルダンはアメリカのミステリー作家で、彼の文章は日本人にもかなり読みやすいものです。

これは、実際に英語で小説を読んでいるので信じていただいて良いと思います。

また、「大学生になったら洋書を読もう―楽しみながら英語力アップ!」という本の中でも、児童書の作家と並んで読みやすい作家として紹介されています。

読みやすい文章と言うことは、聞き取りのときにも聞き取りやすい可能性が高いですよね。

さらに、ベストセラー作家ですので、文章も当然面白いです。

聞き取りやすい上に面白いのですから、楽しんで勉強できそうですね。

ちなみに上級向けの「ゲームの達人」以外は、このシリーズのために書き下ろされたものです。

考え方としてはオーディオブックの利用に近い

「有名作家による作品を、プロの朗読で聞く」という学習法は、このサイトの中でおすすめしているオーディオブックを使った勉強法に近いものです。

ただ、イングリッシュ・アドベンチャーの場合は、最初から教材にする目的で作られています。

つまり、音声内容と同一のテキストに加え解説や学習ガイドも付いてきるわけです。

そういう意味では、教材としてはこちらの方が優れていると言えるでしょうね。

トライアル期間もある

10日間のトライアルが出来るので、興味がある人は試してみることをおすすめします。

レベルの確認と言う意味でも、実際に試してみるのが先決でしょうね。

現在のところ、初級の「家出のドリッピー」から、上級の「ゲームの達人」まで4つのコースがあるようです。

サイトにレベルの目安があるので、自分に合うコースを選んでください。


イングリッシュ・アドベンチャー


シドニーシェルダンについての補足

イングリッシュ・アドベンチャーの上級コースである「ゲームの達人」は、このシリーズのための書下ろしではなく、普通に出版された小説です。

かなりヒットした作品のようですね。

ただ、日本での知名度はそれほど高くないようです。

ウィキペディアにると「全作品の売上げ総数は3億部を越える」らしく、英語圏ではかなり有名な作家です。


タグ: , , , , ,

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。