英語が聞き取れないのはなぜ?

英語の聞き取りを苦手と考えている人は多いようです。

そういう人の多くは、リーディングはある程度できるのに、リスニングは全然出来ないと考えているようです。

全然聞き取れなかった英語なのに、あとで文字で確認してみたら知っている単語ばかりだったという経験をしたことがある人も多いでしょう。

なんでこんなことが起こるのでしょうか?

中学生レベルの簡単な英語ですら聞き取れないなんて。

英語が聞き取れない理由は一つではない

英語が聞き取れない理由は、実は一つではありません。

様々な要因が重なり合って、聞き取れないことが多いようです。

正しい発音を知らなかったり、音の変化のルールを知らなかったりすることが理由の場合もあるでしょう。

即ち音声面での知識が足りないために聞き取れないのです。

あるいは、文法知識が掛けていたり、読解力が足りなくて理解できないこともあるでしょう。

ネイティブの話を理解するには、最低でも彼らが話すスピードで英語を理解しないといけないのです。

このページでは、英語が聞き取れない要因を一つずつ取り上げ、対応策を考えていきます。

英語が聞き取れない理由

正しい発音を知らないから聞き取れない 英単語の正しい発音を知らないと、英語は聞き取れません。当たり前のことですが、多くの方がおろそかにしているように思います。

音の崩れ・変化を知らないと英語を聞き取れない 英語は1単語1単語丁寧に発音するわけではなく、隣り合った単語同士が影響して違う音になることがあります。

背景知識を知らないから聞き取れない 自分が話している内容の背景知識が無いと、英語を聞き取るのは難しくなります。


タグ: , , ,

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。