オーディオブック(朗読CD)の探し方

オーディオブック(英語の朗読CD)がリスニングのトレーニングに役に立つのはわかりました。

しかし、普通の書店などでは洋書を探すのすら難しいのが現実です。

私達は一体どうやって探せば良いのでしょうか?

洋書売り場がある日本の書店に行っても、オーディオブックはほとんど置いてありません。

選択肢が少な過ぎるとしたら、利用価値もなくなってしまいますね。

amazon.co.jp で探すのが簡単

amazon.co.jp で洋書カテゴリーの中で「CD」というキーワードで検索するのが一番簡単だと思います。

これだけだとタイトルが多すぎるので、画面左にあるカテゴリーなどを使って絞り込んでください。

明確に聞きたいものが決まっている場合は、amazon.co.jp の洋書カテゴリーで「タイトル + CD」で検索すると上手に絞り込むことができます。

例えば、「チャーリーとチョコレート工場」の原作を聞いてみたければ、「洋書」のカテゴリーで「charlie and the chocolate factory cd」で検索するといった具合です。

邦題はわかるけど、洋書のタイトルがわからない場合はウィキペディアなどを使って調べてください。

あるいは、洋書カテゴリーで作者名を入れて検索すると言う方法もあります。

スティーブンキング原作の小説を聞いてみたければ、「洋書」のカテゴリーで「stephen king cd」で検索すれば良いわけです。

何れのパターンでも、カテゴリーを「洋書」にする事を忘れないようにしましょう。

そうしないと、映画のサウンドトラックなどが紛れ込んで探すのが難しくなります。

amazon.com ならもっと安く手に入るかも

さらに意欲的な人は、アメリカのamazon.com を利用すると良いかもしれません。

さらに安い値段で手に入る可能性があります。

個人的には、送られてくるまでの時間とか、送料とか、返品の可能性などを考えるとそこまではしませんけど。

少しでも安く買いたい人や、纏め買いをしたい人には良い方法かもしれません。

大手の書店に行くと置いてあることも

大きな洋書売り場を持つような大きな書店に行くと売っていることもあります。

と言っても、かなり大きいと子男路で無いと見つからないでしょうけどね。

それに、置いてあったとしてもその数は多くないはずです。

よほどの偶然がない限り、一般の書店で自分がほしいものを手に入れるのは難しいでしょう。


タグ: , , ,

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。