Abridged とUnabridged

オーディオブック(朗読CD)を探していると、Abridged あるいはUnabridged という表記を目にすることがあると思います。

これは何かと言うと、要約版か完全版かの違いです。

例えば、ダ・ヴィンチ・コードだとこんな感じです。

ダ・ヴィンチ・コードのUnabridged 版(完全版)
ダ・ヴィンチ・コードのAbridged 版(要約版)

値段が安いから注文してみたら、要約版だったなんてこともあると思うので十分注意しましょう。

要約版と完全版

最初に、どちらが要約版でどちらが完全版か確認しておきましょう。

Abridged が要約版で、Unabridged が完全版です。

ちょっと紛らわしいですが、un のついている方が完全版です。

全てのオーディオブックにAbridged かUnabridged かの表記があるわけではないようです。

基本的に表記なしはUnabridged (完全版)と考えて良いようですね。

ですから、原作通りのものを聞こうと思ったらUnabridged か表なしを選べば良いわけです。

ある程度のレベルに達していない人は、本の助けを仮ながら聞くことも多いでしょう。

そういう人は、原作通りであるUnabridged か表なしを選んでください。

Abridged (要約版)の利用価値

Abridged は要約版なので、収録されている時間が短いのが特徴です。

また、販売価格がかなり安いようです。

大体、Unabridged の半額から三分の一位の値段でくらいで売られていることが多いみたいですね。

安い値段で色々聞いてみたいと言う人は、Abridged を利用してみるのも良いかもしれません。


タグ: , , , ,

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。